株式会社 和晃│樹脂│フッ素樹脂│フレア加工│先端封じ加工│機械加工│製造│アルミグラビティ鋳造用金型設計制作│アルミグラビティ鋳造│大阪府豊中市

株式会社 和晃
 
<<本社>>

〒532-0011
大阪市淀川区西中島
4丁目6番10号 三和ビル

TEL:06-6304-3249
FAX:06-6304-3780
 
 

<<豊中工場>>

〒561-0858
大阪府豊中市服部西町5丁目
14番1号

TEL:06-6862-0782
FAX:06-6862-1882

-------------------------------
・樹脂部:
  フッ素樹脂の溶接
曲げ加工
特殊加工
  フレア加工
先端封じ加工
  機械加工

・製造部:
  アルミグラビティ
  鋳造用金型設計制作
  アルミグラビティ鋳造
  アルミダイカスト
  FC及びFCDの鋳造
  機械加工及び組立
-------------------------------
qrcode.png
http://www.wako51.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

フッ素樹脂チューブの曲げ

   

信頼と安心の品質

 

継ぎ手がいらないのでコストが下がり配管スペースが減少いたします。また継ぎ手配管では液溜りができますが、曲げ加工にすることで液溜りを防ぐことができます。
また曲げ加工では3次元やU字加工が容易に実現できます。
継ぎ手を使用した場合に比べて流体の抵抗が減少し、パイプサイズの呼称通りの流量が確保することが可能になります。  

   
1.コストダウン  2.継手が不要のため漏れの心配がありません  3.配管作業の時間が短縮  4.配管スペースの縮小
 

フッ素樹脂の曲げ(一例)

フッ素樹脂の曲げ(一例)
 
Φ12×Φ10
Φ12×Φ10(L字曲げ)
 
Φ8×Φ6
Φ8×Φ6(L字曲げ)
 
Φ6×Φ4
Φ6×Φ4(L字曲げ)
 
Φ10×Φ8
Φ10×Φ8(クランク曲げ)
 
Φ10×Φ8(R35)
Φ10×Φ8(コの字曲げ)
 
Φ10×Φ8(R35)
Φ10×Φ8(S字曲げ)
 

PFAチューブの標準曲げ半径(参考)

PFAチューブの標準曲げ半径(参考)
 
   
最小曲げ半径(R)(単位:mm)
チューブ径 標準曲げ半径
(ミリサイズ)
φ3×φ2

10
φ4×φ3 15
φ6×φ4 20
φ10×φ8 35
φ12×φ10 45
φ19×φ16 75
φ25×φ22 100
(インチサイズ)
φ6.35×φ4.35

25
φ9.53×φ6.33 30
φ12.7×φ9.50 35
φ19.0×φ15.8 75
φ25.4×φ22.2 100
   
※上表以外のチューブサイズ及びより小さい曲げ半径をご要望の場合は、お気軽にお問合わせください。
<<株式会社和晃 豊中工場>> 〒561-0858 大阪府豊中市服部西町5-14-1 TEL:06-6862-0782 FAX:06-6862-1882